クラウド型でマーケティングオートメーションを導入するメリット

クラウド型にするコスト面でのメリット

近年のマーケティングは、人海戦術ではなく、マーケティングオートメーションツールを使って漏れなくシステマチックに行われるようになりました。マーケティングオートメーションシステムは、最近では運用環境をシステムのベンダーが持つクラウド型で導入する企業が増えています。クラウド型で導入する場合のメリットの一つは、コスト面にあります。自社で設備を用意するとなると、導入には多額のコストがかかり、運用にかかる人員も確保しなければなりません。ですがクラウド型であれば、セキュリティを保持しつつ、他社とサーバーや運用を行うための人材をシェアして稼働することができます。また、事業の拡大や縮小など状況の変化があった場合でも、サーバーを再構築する必要はなく、費用を抑えて柔軟に対応できることもクラウド型のメリットです。

運用を考えた場合のメリット

クラウド型でマーケティングオートメーションを導入すると、運用する際にもメリットがあります。例えば、クラウド型で運用すると、インターネットに接続していれば容易に情報をシェアできるメリットがあります。競争社会の現代では、いち早く情報をつかみ、利益につながる行動をすることが求められますが、クラウド型のシステムであれば効率よく情報共有ができます。また、セキュリティ面でもクラウド型で運用するメリットがあります。マーケティング活動で得られた情報は企業の将来を握る大切な指針となるため、競合他社に漏れないよう厳重な管理が必要です。その点、クラウドサービスを展開する会社はセキュリティの専門家を置くなどしてクオリティを高めているので、自社で運用するより信頼性が増す場合があるようです。