オンプレミス型でマーケティングオートメーションを導入する際の会社選び

柔軟性の高いマーケティングオートメーションなのか

オンプレミス型のマーケティングオートメーションには、様々なメリットがあります。そのひとつが自社にサーバーを用意して環境を整えてから使用することによって、自社に最適なマーケティングオートメーションをカスタマイズすることができるということです。クラウド型のマーケティングオートメーションの場合、それほどカスタマイズすることができませんが、オンプレミス型は異なります。オンプレミス型のマーケティングオートメーションを導入する際には、このメリットを最大限発揮できる会社を選ぶとよいでしょう。システムに柔軟性がなく、自社に最適なシステムを構築する余地が少なければ、オンプレミス型のメリットが半減してしまいます。柔軟性が高く、カスタマイズを十分することができる点を売りにしている会社を選ぶとよいです。

カスタマーサービスが充実しているのか

オンプレミス型のマーケティングオートメーションのデメリットのひとつが、サーバーを自社に設置して作業環境を整える必要があり、設置や運営に関してITの知識が必要となるということです。この設置や運営の知識を持つ手間を省くために、第三者に運営を委託する企業もあるほどです。しかし、委託は費用が掛かるため効率的とは言えません。そのため、オンプレミス型のマーケティングオートメーションを導入する際には、カスタマーサービスが充実している会社を選ぶとよいでしょう。導入に関する疑問やカスタマイズに関する疑問、運用における疑問に答えてくれるカスタマーサポートのサービスが充実していれば、知識が十分でない場合にも安心できます。